適切なお葬式のスタイル選び

適切なお葬式のスタイル選び

人生の最後の締めくくりであり、また生前お世話になった方々への感謝の気持ちを込めたセレモニーがお葬式でしょう。昔から日本ではお葬式が行われてきましたが、その際には一般葬が一般的となっており、通夜から告別式、火葬まですべて行っていました。現代になり、核家族化や高齢化社会の到来によって一般葬がミスマッチに感じられる方も多くなってきています。時代のニーズに合ったプランもどんどん登場してきています。新たに登場してきたプランは一般葬とは大きく異なっているものもあり、人によって選択すべきプランはそれぞれ違ってきます。

一般葬と非常に似ていながら、参列者の人数を抑えている点で違いがあるのが家族葬です。家族葬は家族や故人が特にお世話になった友人だけでお葬式を行うスタイルとなっています。ただ通夜や告別式、火葬はしっかりと行うため、ドライな印象がなく、一般葬と大きく違いがないため違和感を持たれにくい点が好まれています。また参列者が少ないために、飲食接待費用を抑えることができます。結果として費用を抑えてお葬式を行えるため、費用をあまりかけたくない方には特に人気があります。各種プランの中でもバランスが取れているといえます。

家族葬よりもより簡素なプランも現在では登場してきており、これらのプランを選択する方も多くなってきています。まず一日葬ですが、これは通夜だけは行わず、告別式と火葬は行うというものです。通夜がカットされるために1日でお葬式関係を終了させることができます。仕事などが忙しくて2日間の休みは取りにくいという方にはぴったりです。またもっと簡素な内容の火葬式も登場してきています。これは通夜から告別式をすべてをカットし、火葬だけは行うというプランになっています。ドライに見えますが、ただ費用をできるだけ抑えたいという方には好まれています。

従来からの一般葬から火葬式まで、それぞれのプランによって感じられるメリットは大きく異なっています。そのため、何を重視するかによって選択肢は異なってきます。とかく費用を安くしがちですが、必ず行いたいことは何なのかをはっきりさせ、その上で費用も考慮に入れていくことが大切です。このサイトでは今後お葬式を行う方のために、今現在選択できるそれぞれのプランに関して説明をしています。それぞれのプランの大きな特徴を知り、その上で最も適切なタイプのお葬式を選択するようにしてください。

INFORMATION

2018年09月19日
ホームページを更新しました