新しいお葬式の火葬式

昔から行われてきたお葬式は一般葬のスタイルで行われてきました。しかし時代が変わり、親せきや友人が多くない方も増え、従来のお葬式である一般葬ではデメリットが感じられるということで最近では色々なスタイルのプランが登場するようになりました。大きな特徴としては費用を抑えることができるという点です。従来の一般葬に比べるとリーズナブルにお葬式を行うことができます。その中でよく検討されるのが家族葬と火葬式です。家族葬では一般葬に比べて参列者が少ない点が大きな違いとなっていますが、ただ通夜と告別式は行うため、この点では一般葬との違いがありません。それでは火葬式の特徴とはどういったものなのでしょうか。

火葬式は直葬式とも呼ばれている新しいスタイルのお葬式になります。これは家族葬や一般葬とは違って通夜や告別式を省略したプランになります。火葬だけは行うというもので、通夜や告別式は行いたくないという故人の希望の場合には適しているといえます。また火葬だけを行い、故郷で改めてお葬式を行いたいという方はこのプランの選択がいいでしょう。費用の点ではリーズナブルな家族葬よりもより安く予算を抑えられる点ではメリットが感じられます。

日本の法律で死後24時間以内は火葬することができません。そのため、火葬式の場合、遺体を火葬までにどこに安置するのかを考えておかなければなりません。入院先で亡くなった場合、病院では遺体の安置を認めてくれないことが多いです。この点をクリアできなければ、火葬式は難しいと言っていいでしょう。