一日葬も新しいお葬式のスタイル

お葬式と言っても今ではいろんなスタイルが登場するようになってきました。核家族化などによってお葬式に参列する方が少ないケースも見られ、少人数に対応するお葬式スタイルが登場し人気が出てきています。また家族葬よりも、もっとリーズナブルなプランである火葬式も出てきました。ただ火葬式では通夜や告別式、お葬式を行わないために、あまりにもドライすぎると感じられる方のために、一日葬というプランが出てきました。この一日葬はどういった特徴があるのでしょうか。

火葬式では一般的なお葬式から省略する内容が多く、あまりにも寂しいと感じられる方向けにおすすめなのが一日葬です。一日葬では通夜は行いませんが、告別式と火葬は行われます。通夜から火葬まで2日間かかりますが、一日葬では1日で済むために、仕事などで2日間空けることが難しい方には好まれています。また通夜が行われないため、費用も多少抑えることができます。日程や費用といった点が一日葬のメリットと言えるでしょう。

一日葬では飲食接待費用や寺社への費用が掛かるため、家族葬と費用の面では大きな差は見られない場合もあります。そのため、一日葬では通夜も行う家族葬と比較をしてみることが大切です。一日葬も含めてプランを選択する場合には、何を重視して何をカットできるのかが重要なポイントになります。いたずらに費用を抑えるのではなく重要な部分はカットしないことが大切です。故人の最後のお別れの儀式となるため、故人と話し合って決めることがおすすめです。