お葬式でイメージされる一般葬

お葬式は核家族化や高齢化社会の到来、また予算を低く抑えたいと希望する方が増えてきたことで様々なスタイルが登場してきています。従来の一般葬だけではなく、家族葬や火葬式なども選択できるようになってきました。様々なニーズに応えることができる点では好ましいのですが、実際に選択する際には困るものでもあります。従来からの一般葬はどういった特徴があるのでしょうか。この点を知っておくと、一般葬の選択がいいのかどうかがはっきりとわかります。

一般葬はいわゆるお葬式と同義と思われていることがありましたが、以前では確かに一般葬が多く行なわれていました。通夜や告別式を行い、多くの参列者が集うというのが大きな特徴として挙げられます。一般葬では人数に制限がないため、場合によっては多くの参列者が集まり盛大なお葬式になることがあります。

一般葬では祭壇などが立派になるとより多くの費用が発生します。また参列者を制限しないために、人数が多くなると飲食接待費用が多くかかってしまいます。そのため、費用を抑えたいと思った場合には家族葬を選択した方がいいでしょう。また一般葬では参列者が多いため、悲しみを持っているのにも関わらず参列者への気遣いをしなければならないという精神的な辛さもあることを理解しなければなりません。参列者が多くなる一般葬ですが、その分費用が掛かってしまうことは理解しておく必要があります。親戚や友人などがあまり多くないという場合には家族葬も併せて検討をしていくといいでしょう。