お葬式で多い家族葬は予算で安心

人生における最後のイベントがお葬式と言われます。このお葬式は家族やこれまでお世話になった方との最後のお別れの意味を持つものです。そのため、素敵なイベントにしたいものですが、参列する方が少ない方もいることでしょう。そういった方の場合、従来の一般葬ではなく家族葬にした方がいいといえます。その際にお世話になるのが葬儀社ですが、葬儀社を決める前に事前に決めておきたいことがあります。これを知っておくと実際に葬儀社を決める際にスムーズに行動ができます。

まずお葬式を行う場合には費用が掛かってしまいますが、家族葬の場合は一般葬のように参列者が多くないため、費用を抑えることができます。しかしそうはいってもある程度の費用は掛かるものです。お葬式ではお葬式本体でかかる費用の他、飲食接待費と寺院に支払う費用の3点が必要になってきます。家族葬では一般的に50万円前後の数字が費用として挙げられますが、お葬式にかけられる費用を考え、実際にどういったお葬式にしたいかを検討していくといいでしょう。

費用を単に押さえたいのであれば火葬式も検討できますが、通夜と告別式を行わないのが最大のデメリットです。これらを行いたいのであれば火葬式は選択肢には入りません。通夜と告別式の両方を行いたいのであれば家族葬と一般葬の選択になりますが、人数を抑えて費用を低くしたいという場合には家族葬の選択が適切です。費用は大きな問題にはなりますが、どの形式にしたいのか、この点は時間をかけ、十分に考えてから決めることが大切です。